◎ジュニアってこんな車です

ほんとの名前は『アウトドアジュニア』といいます。


158リットルの清水タンク50リットルのグレータンクトイレシャワーを完備、OPで発電機エアコン電子レンジ冷蔵庫電気温水器を装備することができ、こんな小さい車なのに最低限のライフラインを確保しています。

リアバンパーの上にエアコンの室外機スペアタイヤがあります。
この後姿が特徴的で、一度見ると忘れることはありません(笑)


ベース車はトヨタのタウンエーストラックですが、それをリーエキスポートが架装し販売しています。
タウンエーストラックは1800ccガソリンエンジンで、馬力はたったの80馬力。
2tちょっとのアウトドアジュニアを快適に走らせるには力不足です。登坂車線があったら迷わずそちらに車線変更しますが、それでも後方から大型トラックに抜かれます。また、ブレーキの効きも悪く、交差点では歩行者用の信号機を見てブレーキを踏むか走りぬくかを判断します。
が、これだけの充実装備したアウトドアジュニアを我々でも手が届く程度の金額に抑えるなど、コストパフォーマンスの高いベース車でもあります。
今でこそコンパクトキャブコン(ライトキャブコン)が流行っていますが、リーエキスポートでは、先代のタウンエーストラックからアウトドアジュニアを製造しています。また、最近では家庭用エアコンを搭載し、発電機もOP設定するビルダーが増えてきましたが、リー社長の先見性の表れではないでしょうか?

リーエキスポートは代理店を置いていないため、新車で購入する場合は必ずお店に行き、社長から直接購入することになります。

アウトドアジュニアを製作・販売してきたリーエキスポートは、平成25年10月末に、リー社長が急逝し、その年末をもって会社を解散しました。
そのため、名車アウトドアジュニアは伝説となってしまい、現在手に入れるためには、中古車を手に入れるしかありません。

▲TOP▲

◎ジュニア5点セットOP
○エアコン

アウトドアジュニアには家庭用のエアコンがOPで搭載されます。クーラーとは違い、暖房や送風、もちろん冷房、おまけに除湿までできます。温度調節も1度単位。風速も細かく設定できます。

最後部に位置しているため、バンクベッドまでエアコンの風が届いて快適です。この『位置』も、リー社長のこだわりなんです。

リー社では富士通ゼネラルのエアコンを採用しています。
これは、リー社長が落下テストを繰り返し、それでも壊れなかった実績により採用されたものです。
最近では、家庭用エアコンを搭載したビルダーが増えましたが、はたしてどこまでテストして採用したのか疑問に感じます。耐久性よりも、載せやすさ、消費電力の少なさで採用しているのではないでしょうか?他のビルダーが搭載した家庭用エアコンが壊れたからといって、全ての家庭用エアコンを否定しないでください。少なくとも、アウトドアジュニアに関して、エアコンが壊れたという話は聞いてません。

○電子レンジ

オーブンレンジがOPで搭載されます。やっぱりあると便利ですネ!お弁当もチン♪すれば格段に美味しくなります!

わが家では、ご飯は炊飯器では炊かず、チンするご飯で済ませます(あー、横着・・・汗)

電子レンジを搭載する車はたくさんあります。高規格のインバーターでサブバッテリーを電源として使用されているようですが、発電機を使って使用できる、というのは安心感が違います。

○シャワー

シャワーのあるキャンピングカーは数多くありますが、アウトドアジュニアのシャワーは一味違います。本当に『使える』シャワーです。それを可能にしているのが158リットルというクラスを超えた清水タンクです。

シャワーを使うには、通常男性で20リットル、女性で30リットルの水を使うそうです。50リットルの清水タンクだったら・・・シャワーで貴重な水を減らしたくはないですよね。でも、ジュニアの158リットルのタンクであれば、まだまだ余裕!

「シャワーなんか使わないよ」・・・よく聞く言葉です。「使わない」のと「使えない」のとは、違いますよね。多くのキャンピングカーのシャワーは、清水タンクの容量などから、「使えない」のです。

このシャワー室の扉にもリー社長のこだわりがあります。他社のキャンピングカーのシャワー室の扉は外開きが多いですが、ジュニアは内開きになっています。理由は?あなたの自宅のお風呂場の扉を見ればわかります。きっと内開きのはずですから。(外開きでは、通路側に水滴が落ちてしまいます。)

このシャワー、夏場になるとさらに活躍します。ちょこっと外に出ただけでじっとり汗をかいても、ジュニアに戻ればさっぱり!

○電気温水器

電気温水器があるおかげで、シンクからお湯が出ますし、もちろんシャワーからもお湯が出ます。ガス湯沸かし器と違って、瞬間的にお湯を作ることはできませんが、ガスの補充などを気にせず使うことができます。

電器温水器は標準で24リットル、OPで50リットルですが、これは水とお湯を足して適温にした時の量を表していて、電器温水器自体はその半分の量のお湯が作られます。

○発電機

ホンダ製EU28isを採用しています。特徴としては、セルで始動可2.8kVAの正弦波を供給!・・・などといいながら、細かいことはわかりません・・・汗。でも、優れものというのだけはたしかです。使用状況にもよりますが、満タンにして20時間程度は使えるそうです。

気になる音ですが・・・そりゃ音はします^^;
でも、運転席側にビルトインされているおかげで、後ろに回るとややうるさい程度、助手席側に回るとまったく気にならない程度になります。また、タウンエースのガソリンの給油口が運転席側にあるため、発電機への給油も楽です。これがもし反対側にビルトインされていたら、いちいち車を回転させるか、発電機への給油は給油缶を使わなければならなかったことでしょう。

発電機の性能の詳しい内容はリーエキスポートのホームページへGO!!(あ〜人任せ・・・)

リー社長急逝に伴うリーエキスポート解散により、ホームページは閉鎖されました。

○まとめ

アウトドアジュニアを購入する人は、エアコン、電子レンジ、電気温水器、冷蔵庫そして発電機の5点セットのオプションを(ほぼ)みなさんお付けになられます。
この5点セットがあってこそジュニアがジュニアであるわけですから。
そして、この5点セットから得られる恩恵は快適そのものとなります。

▲TOP▲

◎ジュニアの特徴
○ジュニアの窓の位置

アウトドアジュニアを横から見たところです。
お分かりいただけますでしょうか?ダイネット(最後部)の窓の位置。
バンクベッドの窓の位置と同じなんです。つまり、ダイネットの窓の位置が高いところにあるのです。おまけに、窓の大きさ。リー社ではダイネットに使っているこの窓、他社ではバンクベッドに使っています。他社より一回り小さい大きさです。

アウトドアジュニアのダイネットの窓は高いところにあり小さいのです。
これには訳があります。窓の下に立ってみるとわかりますが、中を覗くことはできません。道の駅やSAで、なんら回りを気にせず食事をすることができます。

他社のキャンピングカーを見たときに、ダイネットを覗いてみてください。
きっと中が丸見えです。

○清水タンク

これがアウトドアジュニアの158リットルの清水タンクです。
最後部の椅子の下に、この清水タンクと発電機がビルトインされています。

このクラスを超えた巨大なタンクのおかげで、シャワーも使えます。洗濯機を積み込めば、キャラバン中の洗濯も可能です。

節水にちょっと気づかいながら使えば、1週間のキャラバンでも無補給でキャラバンすることも可能です。

清水タンクと発電機は、ちょうどこの位置に搭載されています→

○外部水道

清水タンク内にあるこちらのレバー。

下に押し下げると押した分だけ水が出ます。

上に引き上げると水が出っぱなしになります。

自然流下のため、勢いはありませんが、外で水が使えるというのは、なにかにつけて便利です。
実に地味なアイテムですが、これを標準設定しているところなど、製作者が実際に使ってみて、欲しい機能を満載したアウトドアジュニアならではのアイテムではないでしょうか?

○ダイネットのレイアウト

アウトドアジュニアのレイアウトは、運転席の後ろにシャワー&トイレルーム、助手席の後ろにキッチン、最後部にコの字型のダイネットとなります。ジュニア最大の特徴であり、また、好き嫌いが大きく分かれるレイアウトです。

嫌いという意見の人の多くは、運転席と後ろに乗る人との距離があり、寂しくなるというものです。アウトドアジュニアのオーナーの中には、ダイネットと運転席とにインターホンを付けている方もいるそうです。

σ( ̄∇ ̄o)も購入前はこのレイアウトを受け入れられず、他社の車も検討したりしました。
しかし、このレイアウトを受け入れてみると、とても使い勝手が良く、最大のリラグゼーションルームとなります。

アウトドアジュニアの乗車定員ですが、運転席に3人、ダイネットに5人。計8人です。
就寝定員は、バンクベッドに2人。ダイネットをベッド展開して2人。計4人です。

ダイネットをベッド展開して、マットを敷き詰めると、お座敷モードになります。
オーナーの中には、常時お座敷モードにしてくつろぐ方もいられます。まさに日本人にあったキャンピングカーなのです。

また、OPの一人寝ベッドを購入すると、半座敷半テーブルモードになります。

わが家は、納車当初はこの半座敷半テーブルモードにしていました。その後、お座敷モードにして、現在は・・・

今のわが家のスタイルは、OPの一人寝ベッドを使った(変形)囲炉裏モードです。
これだと乗り降りが非常に楽になります。
また、足もひょいと伸ばすことができます。

それぞれの特徴をあげてみましょう。


1 ノーマルモード

 (1)フル乗車モード
 ポールを手前の穴に入れ、テーブルをセットするモードです。これによりダイネットに運転席側2人、助手席側2人、最後部真ん中1人、計5人座ることができます。このモードの利点は、MAXの人数が座れることです。欠点は、折り畳みテーブルをOP選択しなかった場合、運転席側に座るにも、助手席側からズズ、ズズズと移動しなければなりません。また、折り畳みテーブルをOP選択していても、大人が運転席側から乗り込むにはちと辛いです。

 (2)乗り降り楽々モード
 ポールを奥の穴に入れ、テーブルをセットするモードです。最後部真ん中に座ることは出来なくなりますが、折り畳みテーブルをOP選択していると、運転席側、助手席側どちらも楽々乗り込むことができます。


2 お座敷モード
 利点として、いつでもゴロンと楽々くつろげます。また、お座敷の下にも収納スペースが現れます。欠点としては、テーブルを別に用意しなければならないこと、また、お座敷にあがるのにドッコイショ!となることです。また、発電機のON・OFFの際に、マットをどかさなければならなくなり、四つん這いになるなど体勢もきつくなります。


3 半座敷・半テーブルモード(要OPの一人寝ベッド)
 OPの一人寝ベッドを選択すると、後ろ半分がお座敷、前半分がテーブルとして使えます。お座敷モードだと広々したテーブルが使えなくなってしまう、などの不自由さを解消します。

 (1)通常半座敷・半テーブルモード
 ポールを手前の穴に入れて使うため、乗り降りのしづらさがありますが、奥に半座敷ができることから、食後にゴロンとしやすいです。一人で使うには最高のモードです。

 (2)囲炉裏モード
 ポールを奥の穴に入れて使うため、折り畳みテーブル加工していれば乗り降りが容易です。半座敷といってもゴロンとするよりは、足を伸ばす程度にしか使えません。

▲TOP▲

◎ジュニアとの比較

アウトドアジュニアと、人気のキャンピングカーとを比較してみました。
アウトドアジュニアの清水タンクとグレータンクの大きさが、はんぱでないのがお分かりになると思います。
項目 アウトドアjr アミティ マッシュW サフランファミリーL オルビスユーロ ジル520
全長 4700 4600 4870 4750 4990 5160
全幅 1890 1950 1960 1920 1990 2110
全高 2660 2700 2700 3000 2920 2940
清水タンク 158L 10L 19L 38L 65L 93L
グレータンク 50L 10L 19L 19L 70L 70L
温水 電気温水器 なし なし なし 電気温水器 LPガス


▲TOP▲

◎リーエキスポート解散後の整備・点検

御存じのとおり、平成25年10月にリーエキスポート社長の急逝に伴い、会社は解散しました。


そのため、アウトドアジュニアの整備・点検はどうなるのか・・・特に中古で購入した方にはリーエキスポートからの案内の無い方もいられたかと思います。


リーエキスポートからは、次のような案内がオーナーに送付されていますので、御紹介します。


以下、オーナーに送付された案内文原文のままです。(それぞれの会社のメールアドレスも記載されていましたが、スパムメールの問題がありますので、メールアドレスの記載については省略しています。)



会社解散に伴いまして、弊社で制作させて頂きましたキャンピングカーにつきましては、下記記載の会社にて、車検、点検、整備等を受け付けて頂けることとなりました。

整備内容により、お客様からご協力店へ、車両の取扱方法等の説明が必要になることもあるやもしれませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

【ご協力いただける会社】

■株式会社キャンピングワークス さん
東京都東久留米市下里3−11−9
TEL 042-479-1338
FAX 042-471-1978

■株式会社テッツ さん
千葉県印旛郡酒々井町篠山新田12−3
TEL 043-496-5847
FAX 043-496-2502

■株式会社マックレー さん
京都府京都市北区柴竹西高縄町115
TEL 075-493-6005
FAX 075-493-5968

■有限会社バンショップ・ミカミ さん
鹿児島県曽於市財部町下財部5461−4
TEL 0986-72-3428
FAX 0986-72-3671




以上、リーエキスポートから送付された案内です。


アウトドアジュニアには、しっかりと組織され、定期的に活動しているオーナーズクラブがあります。
また、アウトドアジュニアのオーナーが多く参加しているSNS「車旅人」では、さまざまな情報交換も行われています。

アウトドアジュニアのオーナーになられた方は、ぜひオーナーズクラブや車旅人にも参加して、さまざまな情報を得てください。

▲TOP▲

当サイトはフレームで作られています。
検索サイトなどから直接このページに来られた方は
こちらからTOPページにお戻りください m( _ _)m
↓  ↓  ↓







▼ジュニアの紹介▼
 ジュニアって?
 ジュニアってこんな車です

 ジュニア5点セットOP
 エアコン
 電子レンジ
 シャワー
 電気温水器
 発電機

 ジュニアの特徴
 窓の位置
 清水タンク
 外部水道
 レイアウト

 ジュニアとの比較
 人気他車との比較

 整備・点検
 リーエキスポート解散後の整備点検
▼購入記▼
▼オプションあれこれ▼
▼アイテムあれこれ▼
▼自己満足の世界▼
▼マニュアル▼
▼徒・然・草▼



inserted by FC2 system